専業主婦がバレないでお金借りるには

専業主婦がお金借りるのに家族に内緒にするには

専業主婦が家族や知人以外からお金を借りる場合、どういう方法があるのでしょうか。消費者金融から借り入れようとする人もいるかもしれませんが、まずこの方法はNGです。

 

なぜなら消費者金融は総量規制対象で、収入のない専業主婦に貸し付けは行っていないからです。ではどうしたらいいかというと、銀行系カードローンを利用することです。

 

銀行系カードローンは総量規制の対象外とされており、収入のあるなしに関わらず、審査に通過すればお金が借りられる仕組みになっています。よって、専業主婦であっても審査に通過すれば借り入れができるのです。

 

また銀行系カードローンのメリットには、金利が安いということもあります。消費者金融は金利が高く設定されていて、元金はおろか金利を返済するだけでも大変ですが、銀行系カードローンはその反対に金利が低めに設定されています。

 

その分、審査は厳しいといわれますが、信用情報の内容が著しく悪いなど余程のことがなければ、融資を拒否されることはありません。そういうわけで、収入のない専業主婦がお金を借りる方法として銀行系カードローンはとても有効です。

 

一方、必ず審査に受かるというわけではないので、申し込む前に自らの信用力を高めておくことはとても重要です。具体的には、他社からの借り入れを控えること、返済が滞らないようにすること、そして配偶者に安定収入があることを示すことです。このようにして自分の信用力を高めることで、審査に通りやすくすることができます。

 

繰り返しますが、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、収入のあるなしは関係ありませんが、その代わり審査があります。そしてこの審査を通過しなければ、お金を借りることはできません。

 

専業主婦の方はこの点を認識したうえで、審査に通過するために何が必要なのかをチェックしておきましょう。なお銀行系カードローンなら、配偶者に内緒で借り入れを申し込むこともできます。