市役所・区役所で国金を借りる新しいお金の借り方

公的機関(市役所・区役所・福祉事務所)で借り入れの手続きを!

 

一般論ですが融資は銀行や消費者金融などの民間から借り入れる物と考える人、いたとしても生協のように会社の組合から借り入れを行うと考える人がほとんどですが公的機関も条件付きで貸し付けを行っています。

 

区役所や市役所が窓口となり行う貸し付けは市町村によって制度がことなるのですが、ほとんどの場合何らかの目的に関して必要な資金を補助金という形で貸し出すという仕組みを取ります。

 

例えば新規事業への補助金として行政が事業資金を貸し付ける制度を取っている市町村は多く、継続して事業を行うのであれば利息なしや返済の必要なしというものもあります。

 

こういった事業者への貸付は国でも国金(日本政策金融公庫)が行っています。

 

国金が行う貸し付けは事業者だけではなく個人の教育ローンなども対象となりますが、市町村では役所ではなく福祉事務所が生活困難者への資金貸付を制度として行っています。

 

制度によって利息が必要なものや必要でないもの、貸し付け対象として収入規定があるものなど条件があるので民間からの借り入れよりも面倒なことが多いですが、その一方で無利息であったり条件を満たせば返済の必要がないといった好条件での貸し付けを受けられることもあるので一度確認してみましょう。