お金をバイトやパートの人が借りるには

バイトやパートでも審査が甘いカードローン

 

現在ついている仕事がアルバイトやパートなどのフリーターがお金を借りたいと思った時に、一番心配するのが正社員ではないということです。アルバイトやパートなどのフリーターだと消費者金融などからお金を借りることができないと思っている人が多いですが、これは事実ではありません。

 

カードローンやキャッシングなどの金融会社の申し込み条件を確認してみると、ほとんどの場合には20歳から69歳までで、継続して安定した収入のある人となっています。中にはパートやアルバイトでも申し込みできると記載されているところもあるほどです。アルバイトやパートとして働いていると、正社員に比べると年収が少ないことから、お金を貸してもらえないのではないかと考える人が多く見られます。

 

しかし消費者金融や銀行などの金融機関が、審査の際に一番重要視している部分は安定した収入があるということです。この安定した収入とは金額の大小がすべてではないということです。

 

お金を貸す側としては、ビジネスとしてお金を貸していることから、しっかり利息を支払ってもらわなければ困ります。そのため返済能力がある人、つまりは継続した安定した収入がある人に利用してもらいたいと考えるわけです。アルバイトやパートであっても、もちろん安定した継続した収入に当てはまる就業形態となります。

 

もちろん公務員や正社員の人と比べた時には、お金を貸す側からしてみると、しっかり返済してもらえるかどうか心配になるのは当たり前のことです。実際に仕事をクビになってしまうリスクも正社員よりも高くなるでしょう。けがや入院などをした時の補償も少ないと言えます。しかし現在の世の中ではバイトで生計を立てている人はかなりの数となっています。

 

そのため雇用形態のそれほど気にする必要はありません。
銀行系カードローンの場合には消費者金融よりも審査が厳しめとなっていますが、パートやアルバイトであっても審査の受け付けは行っているため、チャレンジする価値はあるでしょう。