年金受給者が安心して低金利でお金を借りる方法

年金受給者が安心してお金を借りるには

 

年金受給者はお金を借りるためのハードルは高くなりますが、決して借りられないわけではありません。ポイントとなるのは年金を安定収入とみなしてくれる金融機関から借りることです。年金担保とすることで融資してくれる金融機関もありますが、通常のカードローンやキャッシングからも借り入れすることはできます。ただし年金受給者も可と記載されているローンに限定されるので、ここはよくチェックしておいてください。

 

年金は定期的に支給されるので、安定収入であることに違いはないです。しかし金融機関によっては安定収入とはみなしてくれないので、この点は十分に注意してください。その理由として会社勤務している時代と比べて、年収が減ることがあります。必然的に使えるお金が少なくなるので、この状態で融資を受けるのは好ましくないと考える金融機関があるわけです。この点は金融機関の解釈の問題なので、融資してくれるところはあります。ただし全体的に見ると年金受給者に融資してくれるローンは多くはありませんから、事前に確かめておく必要があるでしょう。

 

年金受給者が融資を受けるときは、無理をしないことを念頭に置くことが大切です。無難な金額は年金の額にもよりますが、収支のバランスも大きく影響してきます。年金が平均より随分と多くても、それ以上に出費があればお金は足りなくなります。無難な借り入れは人により異なりますが、10万円にしておけば安全と言えるでしょう。どのようなローンにも言えますが、10万円以内だと借り入れできる可能性はかなり高くなります。

 

カードローンやキャッシングはローンの中でも最も審査の基準が低いです。そのため借り入れできる可能性は高いと言えますが、無理をすると審査に落ちるので注意してください。無理をしないで借りるためには、常に少なく借りることを意識しておくとよいです。必要以上に借りてしまう癖がある方は、常に借り入れを抑えることを念頭に置いてください。