身内や身近から人間関係を壊さずにお金を借りる

血縁関係のあるおばあちゃんなどの身内からお金を借りる

お金がない時にまず考えるべきなのが、身内からお金を借りる事です。

 

ですが、これを逆に金融機関から借りるという事を考える人が多いのが現状といえるのかもしれません。身内の人にバレるのが嫌という人もいるぐらいですから、身内に心配をかけたくないというのがその理由なのですが、単に見栄を張っているだけという事が言えるでしょう。

 

ですが、こんな見栄ほど迷惑な事はありません。身内にとっては最もして欲しくないのがこの隠すという事でしょうから、まずは何も隠すことなく、旦那や嫁さんに相談をするという事をすると良いでしょう。親兄弟であればまず無利息で貸してくれることになるはずです。場合によっては子供やおばあちゃん、おじいちゃんに相談をするという事も良いでしょう。

 

別に子供でも成人をしているのであれば問題はありません。とにかく自分がお金に困っている事を相談できる相手であれば、相談をすべきです。お金は黙っていて出てくる事はありません。近い人以外からだと必ず金利を取られることになりますから、そうなるともう借金は雪だるま式に増えていく事になるのが目に見えています。祖父や祖母のような方でも良いので、とにかく借金は無くしてしまうという事が原則だと考えるべきです。

 

 

会社関係(上司・同僚)や友人・恋人からお金を借りる

 

お金が必要なとき、さらに貯金などもなくそのお金を工面できないときいったいどのようにして用意したらいいのでしょうか。最初に思いつくのは、誰かに借りるということかもしれません。知人や上司、先輩、友達、恋人など人によって思いつく相手が違ってきます。

 

異性にしろ同僚にしろ、やはりお金を借用となるとよほど信頼しているか心を許している相手でないと、難しいです。

 

お金の貸し借りはともすれば人間関係を壊しかねません。身内でも大変なのに、ましてやいくら身近な知り合いといって赤の他人からとなると、かなり慎重にしたほうが無難でしょう。とにかく返済は確実におこなうことが大切です。かならず決めた期日までに、できればそれよりも早く返すつもりくらいでないとあとあと付き合いがこじれる可能性が高くなります。

 

ましてや返済を忘れてしまう、故意になかったことにしてしまうなどという心掛けでは身近な人をあてにするなどということはやめておいたほうがよいです。あとくされなく借りるのであれば金融機関などを利用したほうが、気楽かもしれません。身近な人からということは身近であるがゆえ十分に気をつけたほうがよいと、心して借りるようにしましょう。