会社員・公務員がお金借りる時の注意点

会社員・公務員がお金を借りる際に注意するべきこと

 

公務員や会社員の方は収入が安定しているので、お金に困るということは、ほとんどありませんが突発的な出費が重なると手元のお金が足りなくなってしまうこともあります。そんなときに、おすすめなのがカードローンを利用したキャッシングです。カードローンは担保になるものを用意する必要がなく、本人であることを証明する書類を提示すれば、お金を借り入れることが出来るので非常に手軽です。

 

その中でも特に公務員や会社員におすすめなのが銀行系カードローンになります。なぜ銀行系カードローンがおすすめなのかというと消費者金融が提供するカードローンよりも金利が安いからです。

 

しかし銀行系カードローンはアルバイトや自営業で生計を立てている方には、あまりおすすめ出来ません。何故かというと銀行系カードローンは金利が安いのは貸し倒れのリスクに備えるために多くの資金を投入しなくても良いようにカードローンの申し込みをする方に対して審査の基準を厳しく設定して本当に返済能力が高い人だけに利用者を絞り込んでいるためです。

 

アルバイトや自営業で生計を立てている場合は審査で返済能力が低いと判定されて審査に通らない可能性があります。しかし公務員や会社員であれば収入が安定しているので充分な返済能力があると見なされ審査に通過できる可能性が充分にあるのです。

 

ただし急いでお金を手元に用意をしたいといった場合は消費者金融が提供するカードローンの方が適している場合があります。何故ならば消費者金融のカードローンは申し込んだその日の内に借り入れた、お金を手元に用意することが可能性が高いからです。

 

消費者金融は銀行よりもカードローンのサービスを長く取り扱ってきたため、お客様のニーズに応えられるノウハウがあり融資のスピード化が図られてきたからです。しかし近頃では銀行系カードローンでも申し込んだその日の内に審査の結果が出たり、借り入れたお金が手元に用意できたりすることも増えてきています。