学生がお金を借りるには、、友人・親バレなし!

学生がお金借りるには…「学生証」や「即日」などに関する疑問を解決!

学生であってもカードローンやキャッシングなどの一般的な方法を使ってお金を借りることは可能です。特に銀行などよりも消費者金融系のサービスのほうが借りやすいとはいえますが、その際にはチラシやパンフレット、ホームページなどに書かれている条件をあらかじめしっかりと確認しておくことが求められます。

 

学生でも借りられるとはいっても、それはすべての会社に当てはまるとは限らず、できる会社とできない会社があるためです。最初から対象外とされている会社の場合には、そのことが明確に申し込み条件のなかに書かれているはずですので、手戻りを防ぐ意味でも最初の確認は大切です。

 

もしも借り入れが可能な場合であっても、注意しておきたいのは安定かつ継続した収入があるかどうかです。すでに大学生で成人を迎えており、アルバイトなどの収入源があるのであれば、申し込みをした後の審査の段階をクリアすることも容易になります。

 

その逆に収入源がまったくないのに申し込みをするのは無謀なチャレンジで、やはり大学生かどうかという身分の問題以前に、審査の基準をクリアできていないといえます。収入があってもその金額に不安がある場合は、できるだけ融資限度額として希望する金額を少額にしておいて、収入とのバランスをとることが重要です。

 

銀行や消費者金融のホームページのなかで、カードローンまたはキャッシングの説明をしているページがあれば、そこに仮審査が簡単にできる機能がないかどうかを確認しておくとよいでしょう。

 

特に氏名や住所などの個人情報を入力しなくても、年齢や年収、勤続年数、職業などのデータを入力するか、またはプルダウンのメニューのなかから選択して検索ボタンをクリックするだけで、実際に審査に合格する見通しがあるかどうかがわかります。正式な審査とは結果が異なることはあり得ますが、少なくとも事前に申し込みをするにあたっての参考としては有効に利用できるはずです。