お金借りる外国人は意外と多い?借りるコツとは!

外国人でも安心してお金借りる方法はこちら!

外国人や外国籍の人でもカードローンやキャッシングでお金を借りる方法はあるのでしょうか。ちょっと考えると難しいような気がするかもしれませんが、外国人であっても日本人と同じように日本に生活の基盤を持ち、日本で仕事をしている人もいます。このような人であれば肌の色はもちろんのこと、国籍さえも特に関係なく、日本人と同じような審査を受け、それに通過すればお金を借りることができます。

 

条件としては、日本国籍を持っていることは必須ではありませんが、在留許可を得ている必要はあります。そして、仕事をしていて安定した収入があるというのは日本人でのカードローンやキャッシングの条件と同じです。外国人のうち、一時的に日本に滞在しているだけの人、つまり観光客とか、出張のために短期間日本を訪れているという人は対象外です。

 

また、日本語の読み書き、会話がある程度はできる必要があります。日本に在留許可を得ていて、生活の基盤を持ち、仕事もしている人であれば多少なりとも日本語ができる人が多いでしょうが、最近では特にビジネスの世界では英語が公用語的扱いになっている会社も多く、そういう人はほとんど日本語の読み書きや会話ができないかもしれませんので、この点は注意する必要があります。

 

というのも、カードローンやキャッシングの申し込み手続きとか、申し込み書類の記載にあたっては言語は全て日本語だからです。英語で説明を受け、書類も英語で記載できるというような金融機関は存在しません。また、審査に通過した後の契約においても、契約書は日本語のみです。このような理由から、少なくともある程度の日本語能力がないと事実上申し込みをすることができません。

 

なお、収入については、日本に生活の基盤があって日本で仕事をしている以上は、たとえ勤務している企業が外資系企業であったとしてもドル建てではなく円建てで給料をもらっているはずですが、この点は特に大きな問題にはなりません。