銀行・消費者金融カードローンの審査基準と申込み方法

カードローン申し込みのみでOK!?簡単手続き商品とは?

 

カードローンを申し込みする際には必ず流れというものが存在します。方法は色々ありますが、最短で申し込める商品の場合にはいくつか注意点が存在します。それは最短でキャッシングをうけられる商品では、過去に金融事故を起こした経歴がある人は通るのが難しくなります。

 

このため多重債務者や返済の滞りがあった人はカードローンに申し込むことは難しいですからやめるようにしましょう。健全な信用情報の人が申し込める方法となっていますから、申し込みの際の流れはまず最初に身分証明書を提出します。その後本人確認が終わり審査が終了すれば最短で即日で使うことが出来るローンもあります。

 

最短の場合には流れとして申し込みしてその日に融資がうけられたり、次の日にはもう必要な金額が振り込まれていることも多くなっています。スピードの速さもこうしたカードローンの魅力ですから、注意点を知った上で使っていくことに決めましょう。

 

申し込みの時には必ず身分証明証が必要になりますので、免許証やマイナンバーカードに保険証などを必ず用意して所定の方法で提出することを考えていきましょう。カードローンを申し込む際の流れは非常にシンプルですので、簡単に完了します。

 

 

銀行などでお金借りるのに必要なものについて

 

消費者金融や銀行などのカードローンやキャッシングでお金を借りる場合には、まずはそのための必要書類を用意しなければなりません。基本的には本人確認と収入証明になります。本人確認には運転免許証や健康保険証が一般的ですが、ない場合には印鑑証明やマイナンバー、住基カードなどの身分証明書でも大丈夫です。

 

また収入証明に関しては、源泉徴収票や給料明細などが必要になります。給与明細は2か月分必要というところも多いです。また、収入証明に関しては借りる金額によっては必要ない時もあります。50万円以下でしたら不要というところもありますので確認しましょう。専業主婦は収入がありませんので収入証明は必要ありません。

 

さらに銀行などでは限度額300万円でも不要という金融機関もあります。提出は店舗などでしたら持参になりますし、郵送などでも可能です。最近ではスマホなどでそれらの書類を写真に撮り、指定のメールアドレスに添付するというかたちで送ることもできるようになっています。

 

できるだけ迅速に融資してもらうためには、こうした必要書類などを事前に用意して、申し込むことが重要です。申し込みたい金融機関でそれぞれ必要な書類は確認しておくようにしましょう。

 

 

キャッシングの審査って甘いの?審査基準を解説!

 

最近では気軽にカードローンやキャッシングを利用できるようになったとはいえ、やはりそれなりに審査はあります。特に大手の場合、過去に延滞や債務整理などをおこなっていますと、審査には通りにくいです。

 

あてにしていた消費者金融などの審査通らないとなると、非常に困ってしまうでしょう。お金を借りる審査は実は甘く見ることはできません。個人信用情報などでしっかり過去の問題などをチェックしますので、なかなか借りられない人も多いのです。また特に問題がなくても同時にいくつもの金融機関に申し込むこともやめましょう。

 

申し込みブラックという状況に陥ってしまい通るキャッシング審査にも通らなくなってしまう可能性があります。もし審査に落ちてしまったのであれば、審査が甘い金融機関を調べましょう。中小などの消費者金融でしたら、現在の収入が安定しているのであれば、十分与信をおこなってくれ審査に通る可能性が高くなります。

 

どうしても有名な大手の金融機関の方が安心だからそうしたところで借りたいという気持ちはわかりますが、実は規模を大きく広げず地元の顧客を大切に堅実経営をしている金融機関はたくさんあります。そうしたやや審査が甘いところも見直して申し込んでみるとよいでしょう。